吃音を治療して改善する【心療内科でココロケア】

言葉が上手く喋れない病気

男女

円滑に喋れない

吃音は、言葉を円滑に喋る事ができない障害です。かつては「どもり」とも呼ばれていましたが、現在は差別的な表現に当たるとして公での使用は禁止されています。吃音の特徴は同じ言葉を繰り返えしてしまったり、必要ない場所で言葉を伸ばしてしまったり、突然無言になってしまったりする症状の事です。吃音について正確に認知され始めたのは最近になってからで、それ以前は人前での緊張や上がりが原因と見なされていた時期もありました。現在では様々な観点から吃音の治療についての研究が進んでいます。しかし、分かっている事と分からない事があるのが現状のようです。

症状の改善と現状

吃音の大半は幼児期に発症します。五歳の子供の約五パーセントが吃音者であると言われています。吃音の症状は個人によって大きく異なり、症状を発症した人の認識や捉え方もバラバラと言っていいレベルで異なっています。治療法については幾つかのアプローチがあり、現在でも研究が進んでいますが、確実な治療法は確立されていないのが実情です。古典的なものでは流暢性形成技法や吃音緩和法などがあり、一定の成果を収めてはいます。また認知行動療法と呼ばれる精神病の治療に使われる手法も存在します。遅延聴覚フィードバックやメトロノームを利用した治療法も近年では報告されています。なお、時折ネットで見られる吃音治療を謳うセットが販売されていますが、購入するときには適切なものなのか慎重になる必要があります。もし不安であれば、医療機関を訪ねる方が安心です。心療内科でも治療が可能ですが、なるべく言語聴覚士のいるところを選択するといいでしょう。

工夫することや豆知識とは

女性

浦和には心療内科クリニックが数多くあります。ストレスを発散させる工夫が必要ですが、中にはうまく出来ない人もいるでしょう。そのような場合に、心療内科を受診することもストレスをため込まない工夫かもしれません。また、心療内科と精神科の違いや特徴について知っておくと便利かもしれません。

心の相談をしよう

聴診器

人がひしめく、大都市東京では数多くのカウンセリングルームがありますので自分にあうカウンセリングルームを見つけることができます。また、心の悩みを解消する手法や療法は無限大にありますので安心して相談してみましょう。

うつ病治療内容

男性

かつて私は、カウンセリング治療を埼玉の心療内科医院で受けたことがあります。臨床心理士と一週間に一回1時間行い、私の悩みを吐き出し悩みの改善策と考え方の修正を行って行きました。この結果私は気持ちが楽になりそして前向きになりました。